【妊娠線予防】おすすめのクリームと塗り方まとめ

妊娠してお腹が大きくなるにつれて、小さな命が自分の中で育まれているという幸せをしみじみ実感できるようになりますよね。
しかし、お腹が大きくなると妊婦さんにはいろいろな身体のトラブルに見舞われます。その中の一つが妊娠線です。

そもそも妊娠線とは何か、そして妊娠線ができる原因は?出産後も妊娠前と変わらない身体を取り戻せるように、妊娠線のことを知っておきましょう。

妊娠線とは?原因は?

妊娠すると赤ちゃんが成長するにつれて日に日にお腹は大きくなっていき、それに伴い皮膚がお腹の大きさについていけず、真皮が裂けてしまいます。
これが妊娠線のできる原因であって、裂けてできてしまった亀裂は赤紫色の線状斑の肉割れとなって残ります。それが妊娠線です。

全ての妊婦さんにできるというわけではなく、その原因は様々ですが、中には全くできなかったという人もいますし、酷くてお腹が肉割れだらけという人もいます。
個人差はありますが、早い人は妊娠5ヶ月頃からできやすくなり、お腹はもちろん、胸やお尻、太ももにも症状がでることがあります。
妊娠線は痛むことはありませんが、人によっては痒みを伴う場合があります。

私が一人目を妊娠中はあまり妊娠線ができることはなく、できた妊娠線も産後は白っぽく薄くなり気にならないほどに落ち着きました。
このように、通常妊娠線は産後薄くなり目立たなくなりますが、残念ながら消えることはありません。

妊娠線の予防方法

妊娠線ができるのは赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育ってくれている証。でも、できるならばなるべく妊娠線を残したくないのが本音ですよね。
原因がわかれば予防もしやすくなります。妊娠中にできる予防法がありますので紹介しましょう。

まず、第一に体重管理です。急激な皮膚の伸びによって肉割れは起きるので、当然体重の増加が著しい程お腹も大きくなり妊娠線もひどくなる可能性があります。

太り過ぎは妊婦健診で注意されることもあるように、妊娠線以外の様々なトラブルの原因となります。
妊娠週数に対して太り過ぎと感じてきたら、バランスの良い食事と適度な運動で急激な体重増加を防ぎましょう。

日頃の食事からもできる予防法はあります。バランスの良い食事はもちろん、その中でもコラーゲンの摂取が妊娠線をできにくくする効果があります。

妊娠中はホルモンバランスが崩れることからコラーゲンの生成が抑えられてしまいます。それが原因で肌が弱くなり妊娠線ができやすくなってしまうのです。

コラーゲンを多く含む食材には高カロリーなものが多いため注意も必要ですが、うまく体重管理をしながらコラーゲンを摂取して妊娠線を予防しましょう。

そして、スキンケアも妊娠線の予防に大きな効果があります。普段使っているボディクリームやジェル、オイルでも十分な効果はありますが、妊娠線予防のためのスキンケア用品もたくさん売られています。

妊娠線予防のスキンケア用品は少し値段が張るものが多いのですが、妊娠中だけ使う特別なスキンケア用品ですので、産後のキレイな身体のためにも少し贅沢してもいいかもしれませんね。
妊娠線予防の原因を突き詰めて開発しているだけあって大きな効果が期待できます。

妊娠線クリームの塗り方

妊娠線クリームを使うときには、いくつか知っておきたい塗り方のポイントがあります。

まずは量をたっぷりと使うこと。お値段が高いからという理由で少しずつしか使えないということであれば、そのクリームはやめてしまいましょう。

たっぷり使えなければ効果は期待できません。伸びやすく塗りやすいクリームを選んで、お腹にまんべんなく塗るようにしましょう。

妊娠線ができるのはお腹だけではありません。お尻や太ももなどにも塗りましょう。
中には二の腕にできるという妊婦さんもいますので、急に体重が増加してしまった人や元から肉割れができやすい体質の人は、見逃しがちな部位にも気を使いましょう。
お腹が大きくなってきて塗りづらくなってきた妊婦さんは、家族に手伝ってもらうようにしましょう。

なんとなくお風呂上りに1日1度だけ塗っているという人も多いと思いますが、妊娠線クリームは朝と晩の2回塗るのがベストです。
妊娠中の肌トラブルは妊娠線に限ったことでなく、乾燥も大敵です。乾燥自体も妊娠線の原因の一つなので、肌に浸透しやすいお風呂上りと乾燥している朝にたっぷり塗ることが大切です。
臨月近くになるとお腹は急激に大きくなりますので、1日2回と決めずに気づいたとき何度塗ってもいいでしょう。

妊娠線クリームはお腹が大きくなってから塗るのでは手遅れです。早い時期から、遅くても妊娠4ヶ月頃からのケアを始めましょう。
早めのケアが産後のきれいな身体に繋がるのです。お腹が小さいうちは油断しがちですが、スタートが肝心です。

妊娠線クリームとマッサージ

妊娠線クリームの塗り方はどんな方法でももちろん効果はありますが、塗り方ひとつでその効果は大きく変わります。
より大きな効果を期待するならばただ塗るだけでなくマッサージしながらのケアをしてみましょう。

以下は妊娠線オイルAMOMAが紹介している塗り方とマッサージの動画です。オイルはベタつくのでおすすめしませんが、塗り方に関しては参考になりますよ。

お腹へのマッサージ方法

お腹はおへそを中心に「の」の字を書くように塗っていきます。時計回りと反時計回りの両方向に繰り返しマッサージするとより効果的です。
下腹部も妊娠線要注意です。下腹部から横方向へ、脇腹も念入りに塗りましょう。

お尻と太もものマッサージ方法

お尻と太ももは手のひらを使って下から上へクリームを伸ばします。

胸のマッサージ方法

胸は両手を使い、乳房の下半分を上へ持ち上げるようにマッサージしましょう。胸のマッサージは授乳の準備にもなるというメリットがありますが、お腹が張りやすくなるというデメリットもあります。

普段からお腹が張りやすい人は胸へのマッサージは控えるか、優しく力まずにケアするように心がけましょう。

妊娠線クリームを使ってのマッサージは妊娠線予防だけでなく、血行改善やむくみをとるなどの妊婦さんに起こりやすい様々なトラブルにも効果があります。

ですが、せっかくいい妊娠線クリームを使っても間違った塗り方をしていれば効果は減ってしまいます。
もちろん、体調が優れないのに必死にマッサージを行うのもNGです。お話しした通り、胸へのマッサージはお腹の張りを引き起こしやすくしますし、お腹への強いマッサージはママにも赤ちゃんにも危険です。

正しい妊娠線クリームの塗り方、正しいマッサージのタイミングを把握して、産後も妊娠線のないきれいな身体を目指しましょう。

妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のスキンケア用品はかなり種類が豊富で、本当にいいものはどれか、自分に合っているものはどれかなど迷われてしまうと思います。
本来の肌質や個人的な好み等の差はあるとしても、選ぶ基準は同じです。

最も大事なのは保湿力です。妊娠線を予防するスキンケア用品にはクリームだけでなくジェルやオイルなどもありますが、どれにも共通して大事なのが保湿です。

これは特に妊娠線に限ったことではないので、普段からスキンケアに気を使っている女性なら当然知っていることと思います。
塗った瞬間だけ保湿するだけのものではなく、長時間保湿が続くクリームを選びましょう。
テスターが置いてあるお店も多いので、実際に使用感を試してみると自分の肌質に合っているかわかると思います。

クリームを選ぶときは成分にも着目しましょう。ヒアルロン酸やコラーゲンなど女性にはお馴染みの成分が肌を保湿してくれます。

先ほどお話しした通り、コラーゲンの摂取は妊娠線予防のカギとなります。食事とスキンケアで、外側からと内側からコラーゲンを摂取できればより妊娠線のできにくい体づくりができます。

ただ、スキンケアの場合はコラーゲンを肌に塗ってもなかなか浸透しにくいと言われています。そこで、コラーゲンを作る働きを助けてくれるビタミンCが成分に含まれていることも重要となります。
ビタミンCは肌のターンオーバーを促進するだけではなく、抗酸化作用やメラニン色素を抑える効果のあるお肌にとってはいいことだらけの成分です。

残念ながらビタミンCは体内で生成することができない成分なので、内側からと外側からの両方から積極的に摂取しましょう。

妊娠線予防専用のクリームは値段が張るものが少なくありません。ですが、妊娠線予防は毎日のケアと、クリームをたっぷり塗って肌に浸透させることが大切です。
購入の際はお財布と相談して毎日気兼ねなく使えるクリームを選びましょう。

おすすめの妊娠線クリーム

クリームの選び方を少し知って頂いたと思いますので、ここでお薦めのクリームを何点か紹介させて頂きます。

1) ベルタマザークリーム

pc_pretop_01

こちらも各サイトでの評価が高く、こちらも通販サイトでのみ購入できます。妊娠初期からの使用がお薦めで、成分に徹底したこだわりがある商品です。

女性にお馴染みのコエンザイムQ10は肌のリズムを活発にし、シラノール誘導体はトラブル肌の奥までケアしてくれます。シラノール誘導体では海外の妊娠線ケアにも使われるほど定評があり、国産で含有されているのはこのベルタマザークリームだけです。

妊婦さんには嬉しい葉酸も成分に含まれ、低刺激の安心無添加オーガニックでいいことだらけです。

お安い商品ではありませんが、潤いが長く続くと評判のクリームですので、妊娠初期からの念入りな予防に活躍してくれること間違いありません。


1)ノコアアフターボディ トリートメントクリーム 

nocor_icon

こちらはドラッグストア等での扱いはなくネット通販での購入のみですが、口コミサイトや通販サイトで高評価がついている商品です。様々な雑誌やメディアでも取り上げられています。

お値段は張りますが、妊娠中だけでなく、産後に残ってしまった妊娠線に大きな効果が期待できます。
日本国内での開発、製造となり、肌に余計な合成着色料や紫外線吸収剤、アルコールなどを使用していないので、ママのお肌にとても優しい商品となっています。

もちろん成分も文句なしですので、徹底的に妊娠線を予防したいママさんには大変お薦めです。


3) AFC ストレッチマーククリーム

ninshinsen_kieru05

ノコアやベルタは値段が高いと感じる方は、リーズナブルなこちらの商品がお薦めです。

お腹が大きくなり始める妊娠4ヶ月頃からの使用に効果があり、妊娠中だけでなく産後の肌トラブルにも適応できる商品です。
このクリームでのケアは朝と晩の2回たっぷり塗ること。さらっとしてべたつかないので使用感なので、オイル商品が苦手な人には最適です。

お手頃な値段にも関わらず妊婦さんに嬉しい葉酸配合で、妊娠線予防以外にも全身に使えるので、気兼ねなく毎日たっぷりとクリームを塗ってケアすることができます。


投稿日:

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.