マタニティフォトとは

おすすめの撮影時期はいつ?【マタニティフォト】

更新日:

最近ではお腹の赤ちゃんとママとの絆を残すために、マタニティフォトを撮る方が多くなってきています。
自宅で気軽に撮影するママさんや、スタジオまで出向いて素敵なレンタル衣装でばっちり撮るママさんもいらっしゃいます。

どういった撮影方法にしても、ママのお腹に赤ちゃんがいる時期に写真を残せるなんて、人生に幾度とない素晴らしいチャンスです。
そこで今回は、マタニティフォトのおすすめの撮影時期について少し紹介させて頂きます。

おすすめの撮影時期

おすすめの撮影時期はずばり、お腹の大きさがはっきりとわかってくる妊娠8ヶ月以降です。マタニティフォトはお腹を強調させて撮るのが自然で、そうでないとマタニティフォトの意味がありませんよね。

しかし、いくら大きなお腹でといっても、スタジオで撮影の場合は予約も必要となってきますし、出産予定日に近すぎて撮影日より先に出産なんてことはないように注意しましょう。

それに加え、妊婦さんの体にはトラブルも多く、撮影当日に体調を崩してキャンセルや延期ということも考えられます。
スタジオ撮影の場合はスタッフの方と念入りに打ち合わせをして、余裕を持って予約を入れましょう。

自宅でのマタニティフォトを残す場合のおすすめの撮影時期ももちろんお腹が大きくなってからですが、スタジオ撮影のように予約を入れるわけでもないので、むしろ時期を決めずに頻繁に撮ってみてはいかがでしょうか。

自宅で撮影するのも気楽でおすすめ

最近は携帯カメラも高性能で気軽にいい写真が撮れますし、お腹の膨らみがまだ目立たない頃から大きくなるまでを毎日残すなんていうマタニティフォトも楽しいかもしれません。
お腹が大きくなってから自宅でもスタジオ撮影のように本格的に撮ってみたいという方は、もちろんおすすめの撮影時期の妊娠8ヶ月以降を狙ってみてください。

今はネット通販でマタニティフォト用の可愛い衣装を購入することもできますし、自宅でもひと工夫加えるだけで素敵なマタニティフォトが残せます。

お腹が目立つように撮るのがマタニティフォトのイメージで、もちろんそういった写真を撮るのにおすすめの撮影時期がある程度ありますが、最終的に決めるのはママさんです。

妊婦さんは体重が急激に増加することや、身体が浮腫んだり、肌の調子が悪くなったりと様々なトラブルを抱えています。
そういったことからマタニティフォト自体を控えたりしている方も中にはいらっしゃいます。
自分が納得した時期に素敵な写真が撮れたと嬉しく思えるのなら、それがもしかしたら一番のおすすめの撮影時期なのかもしれません。

ママさんの体調が第一

マタニティフォトはママのものでもあって赤ちゃんのものでもあります。
二人の大事な絆を残すために、体調の悪いママが無理をしてまで撮影に臨んでしまっては、将来写真を見る赤ちゃんも嬉しくはありません。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティフォトとは
-, , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.