マタニティ生活

帝王切開で産後の手伝い・里帰りはどれくらい必要?

更新日:

帝王切開は産後の入院期間も長く、自然分娩に比べると回復までに少し時間がかかります。
里帰りする場合はどのタイミングで自宅に帰るべきか、少し悩むかもしれません。
今回は帝王切開の後に里帰り期間はどれくらい必要か、目安として紹介します。

帝王切開後の身体の状態は?

自然分娩の場合、病院や施設によって異なりますが入院期間は産後4~5日となる場合が多いです。
一方、帝王切開の場合には術後10~14日間ほどの入院期間があります。
入院期間中に抜糸をし、退院時には帝王切開後の傷口の痛みも日常生活が送れる程度にはおさまることが多いようです。

歩行は術後数日で開始しますので、退院時に歩行や起き上がりが困難であることはないでしょう。
起き上がりの時やくしゃみなど、お腹に力を入れる動作によって傷口が痛むようなこともあるようですが、日常生活には問題ない程度でしょう。
中には退院後1ヶ月以上も傷口が痛みがあったという人もいますが、一般的には産後1ヶ月検診までに痛みもおさまり体も回復していることが多いでしょう。

帝王切開に限らず、自然分娩であっても産後1ヶ月は赤ちゃんも外出できませんしママも安静を勧められます。

帝王切開後の里帰りは体調を考慮して!

帝王切開後の体調を考えても、里帰りする場合には産後1ヶ月を目安にする人が多いようです。
産後1ヶ月の検診で赤ちゃんにもママにも特別な問題がなければ、自宅に帰るという人が多いようですね。
特に問題なく帝王切開が終わり、退院時にママも赤ちゃんも大きな問題がなければ退院後の経過は自然分娩とほとんど同じといえるでしょう。

ただし、人によっては傷口の痛みが続いたり様々な不調が続く場合があります。
そういった場合には、体調を考慮して1ヶ月を越えて里帰り先でお世話になることもいいでしょう。
1ヶ月を目安とは言いましたが、回復には個人差がありますので体調を考慮して2ヶ月又はそれ以上里帰り先でお世話になる人も多いようです。

回復には個人差があるという点でも、帝王切開でも自然分娩でも同じことが言えます。
産後の経過に問題がなければ、産後の里帰り期間を決める際に帝王切開か自然分娩かで大きく異なる点はないのかもしれません。

里帰りにはパパの理解も大切

里帰りでの出産を決定することは、ママや赤ちゃんのことを考えてパパも含めて一緒に決めましょう。
ママと赤ちゃんが里帰り中には、パパが仕事の後に家事をしなければならず寂しい思いをしてしまうかもしれません。
パパが長期間赤ちゃんと離れることで父親であると実感するタイミングが遅れてしまい、これがママとパパの気持ちのすれ違いや産後クライシスにつながりかねません。

産後のママの回復は優先すべき大切なことですが、里帰り中のパパへのフォローも忘れずにしましょう。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティ生活
-, , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.