マタニティ生活

お股の違和感は切迫早産が原因?

更新日:

妊娠中期以降に股が重いような、何か挟まっているような、なんとも言い表せない股の違和感を感じる場合があります。
こういう症状があった場合、もしかして出産徴候なのか?ととても不安になってしまいます。
今回は股の違和感と切迫早産の関係についてお話しします。

切迫早産とは?症状は?

切迫早産は、妊娠22週~36週までに出産してしまいそうな状況のことを言います。
早産は赤ちゃんへのリスクも高いため、切迫早産と診断された場合には安静に療養したり入院による治療を行うことがあります。

切迫早産の症状としては、出血や下腹部の痛み、お腹が頻繁に張るなどといったことがありますが症状なく進行する場合もあります。
切迫早産の症状として股の違和感を感じることは一般的ではないようです。
では股の違和感と切迫早産は関係がないのでしょうか?

妊娠中の股の違和感は経産婦に起こることが多い!?

切迫早産の症状として一般的ではありませんが、実際に股の違和感を感じて病院に行った際に切迫早産と診断されたという体験談は少なくありません。
一方、切迫早産とは診断されていないけれど妊娠中期以降に股の違和感を感じたという人も多くいます。
こういった人は、何度目かの出産を迎える経産婦の妊娠中に多いようです。

妊娠中は骨盤内の関節や靭帯が緩むため、骨盤内にある子宮や膀胱などの臓器を支えることが難しくなります。
妊娠中期以降に赤ちゃんが大きくなるにつれて重くなった子宮を支えきれずに下がってくることがあります。
経産婦は、靭帯が緩んで戻らないうちに再び妊娠するため骨盤を支える機能がどんどん弱まってしまい、妊娠中期以降に子宮が下がりやすいようです。

こういった状況が股の違和感として感じる場合があります。
経産婦だけでなく、もともと筋力が弱い人や重いものを持つ仕事をしている人も子宮が下がりやすいと言われています。

子宮が下がっているだけでは問題ない場合が多いのですが、まれに子宮頸部の一部や膣壁が膣から出てくる場合もあります。
こういった状況の場合は切迫早産として治療を行う場合があります。
股の違和感を感じた時には恥ずかしがらず病院を受診してみましょう。

股の違和感を感じたら?

股の違和感はあるけれど「切迫早産の問題はない」と言われた場合、それでも座ったり歩いたりトイレに行った時などに気になりますね。
そういった場合の対策として、骨盤ベルトを使用すると股の違和感が軽減する人が多いようです。

骨盤ベルトは、下がっている子宮や内臓を元にあった位置へと戻してくれます。
そして緩んだ靭帯や筋肉の代わりとして骨盤を締めて支えてくれる効果がありますので、股の違和感や早産の予防にも効果があると言われています。

骨盤ベルトを使用する際は、仰向けになった状態でお尻の下に座布団を2枚ほど敷いてお尻を上げた状態(骨盤高位)で着用しましょう。
最初は着用が難しいですので、骨盤ベルトを推奨している産院や助産師に指導を受けた方が正しく使用できるでしょう。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティ生活
-, , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.