マタニティ生活

ひらがなの名付け メリットデメリット

更新日:

ひらがなの名前は柔らかい印象があり、昔から女の子の名前に使われてきています。
ひらがなの名付けには様々な意見があるようです。
今回はメリットやデメリットもふまえて、ひらがなの名付けについて考えてみました。

ひらがなの名付けのメリット

まずはひらがなの名付けのメリットから考えてみましょう。
ひらがなは、昔は主に女性が使う文字とされていました。
そのため、ひらがなの名前には柔らかい印象を与えることができます。

例えば「恵美」と「えみ」、「由香理」と「ゆかり」などを見てみると印象も少し違いますね。
ひらがなの名前はかわいすぎておばあちゃんになった時にかわいそう、という意見もありますが、おばあちゃんでもひらがなの名前の方はたくさんいらっしゃいますし、違和感はあまり感じないと思います。

また、誰にでも読みやすいというメリットもあります。
初対面の人にも名前を覚えてもらいやすい点では、大人になってからでも役立つことでしょう。
他にもひらがなは日本らしい古風な印象を持つ人も多く、「さくら」「あかね」など自然を連想させる名付けをひらがなにした場合は、多くの人が名前に親しみを持ってくれるかもしれませんね。

ひらがなの名付けのデメリット

ひらがなの名付けにおけるデメリットとしては、柔らかい印象を持つメリットとは逆に子どもっぽい印象を受ける人も多いようですね。
先ほどひらがなは女性が使ってきた文字と紹介しましたが、同時に男性では子どもの頃の「幼名」としてひらがなが使われていました。
ですので女性的な柔らかい印象を持つメリットと、子どもっぽい印象を持つというデメリットが存在するようです。

また、男の子にはひらがなの名付けは良くないとされています。
男の子にひらがなの名付けをすると、いつまでも子どもっぽさが抜けないという意味を持ってしまうようです。

他にも、親の意味を込めにくいというデメリットや、歳を重ねるにつれて名前の印象が変わってしまう可能性があります。
また、姓名判断でもひらがなの名付けは良しとはされていないようです。
ひらがなの名付けに関するメリットもデメリットも、「相手が受け取る印象」が大きく関係していることがわかりますね。

名前は親から子どもへの贈り物

親は子どもの将来の幸せを願って名付けをすることでしょう。
名付けは親から子どもへの贈り物です。
またその気持ちを、子どもに関わる多くの人も理解してもらえるような名前であることが大切なのではないでしょうか。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティ生活
-, , , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.