マタニティ生活

育休の職場連絡はいつするべき?

更新日:

働くプレママにとって産休や育休期間、それに関わる条件などはとても大切ですね。
そしてそれを職場に申請する時期も、早いほうがいいのか、いつまでに話せばいいのか迷ってしまいます。
今回は育休に関する職場連絡はいつするのが良いか、という点について考えてみましょう。

育休の期間は?

育休は育児介護休業法で定められており、子どもを養育する労働者が取得できる休業のことを言います。
男女関係なく取得でき、いくかの条件を満たす場合にのみ認められています。

育休の期間は、産後約8週間の産休後から基本的には子どもが1歳になる前日まで取得することが可能です。
男性の場合には出産当日から取得可能となっています。

育休が明ける時点で、保育所への入所申し込みをしているが入所できない場合や、下の子の出産が6週間以内に迫っていたり下の子の出産後8週間を経過しない場合には、育休期間を最大1歳6ヶ月まで延長することが可能です。

育休の申請はいつ?

先ほどお話ししましたが、育休は出産から8週間後から取得可能であるとお話ししました。
つまり、いつ出産するかわからない妊娠中には育休の申請はできないということになります。
職場によって異なるようですが、育休申請の書類を職場に提出するのは出産後になることが多いようです。

育休の書類は提出期限があり、法律上では育休に入る1ヶ月前までには職場に書類を提出しておかなければいけません。
つまり産後1ヶ月以内には職場に育休申請を行う必要があるということになります。

産後に職場に書類を取りに行くことも大変ですので、産休前に書類を職場からもらっておいて、後日書類を職場に提出するという形をとることが一般的のようです。
職場によっては、産休前にあらかじめ書類を記入して育休を申請する場合もあるようですので、職場に育休の申請方法については確認しておく必要があります。

育休の職場連絡はいつする?

職場の規模や、職場自体の規定などもありますので一概には言えませんが、産休後に育休を取る予定であれば妊娠報告とともに育休の希望を職場に伝えておく必要はあるでしょう。
育休の期間によっては、その間の仕事の穴埋めをどうするかという問題や代わりの人を雇う必要があるなどといった会社の事情もあるでしょう。
職場での引き継ぎが必要な場合もありますし、早産で産休開始予定日より早く出産となる可能性もないとは言い切れません。

もし育休を取った人が職場に入れば、相談してみることもいいですね。
育休の職場連絡が早すぎると働きづらいと感じる人もいるかもしれませんが、職場連絡が遅い方が周囲の人に負担が大きく迷惑になってしまいます。
育休について早めに職場連絡をし、職場の人たちからの理解を得ることが大切になってくるでしょう。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティ生活
-, , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.