マタニティ生活

妊娠中のおっぱいマッサージの強さはどれくらい?

更新日:

授乳の様々なトラブルを防ぐために行うおっぱいマッサージですが、自分でやる場合はいつからどのようにやるのか、やり方があっているのかなど不安になります。
今回は妊娠中から行うおっぱいマッサージのやり方について紹介します。

妊娠中のおっぱいマッサージの効果や注意点

赤ちゃんはおっぱいを吸う力が強いため、乳首が伸びきらず切れてしまうこともよくあります。
乳首が小さい場合や偏平な場合には、赤ちゃんが吸い付くことができず母乳を飲むことができない可能性もあります。
こういったトラブルの予防のためにも、妊娠中からおっぱいマッサージやケアを行う必要があります。

ただし妊娠中の場合、やり方によってはおっぱいマッサージにより子宮を収縮させ早産や流産の危険があります。
張り止めの薬を飲んでいたり、早産の可能性がある状況の人は行わないようにしましょう。

また、妊娠中のおっぱいマッサージは毎日少しずつ行うことが大切です。
一度に長時間行ったからといって効果が出るものではありません。
はじめは助産師や医師の指示を受けてから始めるようにしましょう。

おっぱいマッサージのやり方は?

妊娠中のおっぱいマッサージには、乳頭マッサージと乳房のマッサージがあります。
乳頭マッサージは、赤ちゃんが乳首に吸い付きやすいように乳首の形を整えてやわらかくする目的があります。
オリープオイルや馬油を塗って行うとやりやすいです。

乳頭マッサージのやり方は、乳輪のあたりから乳頭をつまんで引っ張っる、圧迫する、回すなどを繰り返します。
妊娠中は乳房や乳頭が服に擦れるだけで違和感を感じる人が多いので、不快感があると思いますが無理のないよう行ってみてください。

乳房マッサージは、両手で乳房を外側から内側に向かって軽く押すような感じでやってみてください。
詳しやり方の説明は産院で指導してもらえると思いますので、指示に従って行ってください。

おっぱいマッサージの強さはどれくらい?

自分でやってみても、違和感があったり痛みがあってきちんとした強さがわかりにくい場合があります。
そういった場合には産院で一度行ってもらうと分かりやすいのですが、乳頭マッサージはかなり強めの力で行います。

自分で触ってみるとわかると思うのですが、妊娠中は乳首が固く伸びにくいです。
やわらかくするためには、かなり強い力で行う必要があります。
ただし、お腹が張ったり苦痛がある場合には無理に行わなくてもいいでしょう。

一方、妊娠中の乳房マッサージは気持ちの良い程度の力でいいでしょう。
強い力で行うことで乳腺を傷めてしまうと、母乳分泌に逆効果となってしまいます。

妊娠中のおっぱいマッサージは、産後の母乳分泌や授乳のトラブルを避けるために大切です。
しかし注意点も多く、自分の判断で行うことは危険ですので指導を受けてから行うようにしましょう。
毎日少しずつ行うことが大切ですが、無理のないように行いましょう。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティ生活
-, , , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.