マタニティ生活

産後の胸垂れを予防する、妊娠中のケアとは?

更新日:

産後元の体型に戻るのは大変です。
芸能人とかで産後にすらっとした体型で戻ってきたりしますがすごいですよね。

特に胸垂れは胸が大きい人ほど深刻だと思います。
幸いわたしは貧乳だったので産後の胸垂れはそれほどでもありませんでした。

でも旅行とかでお風呂で他の人の胸をみたりすると胸垂れひどい人もいます。
若い人で胸垂れがひどいと可哀そうになります。

産後の胸垂れの原因は乳腺!

妊娠中でも胸垂れ予防は可能です。
まず胸垂れの原因をおさえておきましょう。

妊娠中は女性ホルモンが大きく変動します。
お乳が出る準備として胸が大きくなります。

それに伴い皮膚も伸びてしまいます。
産後は授乳がはじまり余計胸が大きくなります。

授乳が終わり、女性ホルモンも落ち着いてくると胸が元の大きさに戻っていきます。
それに伴って胸の脂肪の量も減っていきます。

一見縮んだように見えます。
乳腺が妊娠中のびきり、産後落ち着いてもそのままになります。

脂肪がなくなり伸びきった皮膚がそのままなので胸垂れが生じます。
乳腺を元に戻すのはとても難しいので胸垂れは産後より妊娠中に鍛えておくのがベストです。

産後の胸垂れ防止に妊娠中にできることとは?

まず授乳用のブラをつけることです。
授乳用のブラはワイヤーなしで産後の胸垂れがひどくなりそうな気がしますよね。

妊娠中は胸の大きさも変わりやすいので柔軟にサポートしてくれます。
胸に合わないブラは体型をくずします。

短期間だからと妊娠前のブラをそのまま使うのはやめましょう。
通常のブラだと締め付けられてしまって乳腺に悪影響です。

しっかり授乳用のブラで胸を支えないと胸垂れの原因になります。
きちんと自分のサイズにあった授乳用ブラを購入してつけましょう。

おっぱい体操も胸垂れに有効!

胸を支えているのは乳腺です。
妊娠中でも産後でも少しずつ継続的に乳腺を鍛えれば胸垂れを少しでも緩和できます。

1日のうちそんなに長くおっぱい体操をする必要はありません。
10分ぐらいおふろにつかりながらでもできます。

妊娠中はなかなか運動できないこともあるのでおすすめですよ。
しっかり乳腺を鍛えハリのある胸を手に入れましょう。

とはいっても妊娠中なので無理ない程度で胸垂れ防止にがんばりましょう。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティ生活
-,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.