撮影のコツ

素敵な思い出を残したい!マタニティフォトを撮影するのに最適な時期とは?

更新日:

妊娠とはとても神秘的なもので、長い一生のうちでもごく短期間の限られた期間のみ体験できることです。
そんな幸せな期間をぜひマタニティフォトとして形に残してみませんか。
パパとママにとってもすごく素敵な思い出になりますし、生まれてくる我が子にとっても大切な宝物となることでしょう。

ここではマタニティフォトを撮る時期や素敵な写真にするコツを紹介したいと思います。

マタニティフォトを撮影するのに最適な時期とは?

マタニティフォトを撮影する時期としては、安定期を迎えお腹が目立ち始める5ヵ月頃から臨月に入る前の時期がよいでしょう。

せっかくマタニティフォトを撮るのであれば、よりお腹が大きく目立つようになってからの方が後から見返した時に良い思い出になります。
5ヵ月ではまだお腹が目立たない人も多く、かといって臨月に入って予定日直前ではマタニティフォトを撮影する前に出産を迎えてしまうというケースも出てきます。
したがって、8ヵ月頃の体調の安定している時期がベストではないかと思います。

私自身も8ヵ月の終わりにマタニティフォトを撮影したのですが、本当は8ヵ月に入ってすぐ撮影する予定でした。
しかしフォトスタジオが混んでいて予約が取れなかったのと、予約日当日に体調を崩してしまい1週間ずらしてもらっての撮影となりました。

このように希望日に必ずしも予約ができないことや、もし体調を崩してしまっても後にずらせる余裕がある8ヵ月頃がマタニティフォトを撮影する時期としてはベストなのではないかと思います。

マタニティフォトをより素敵なものにするには?

マタニティフォトを撮る時期を決めたら、次は衣装を考えましょう。

最近では、芸能人や海外セレブ達がマタニティヌードを撮ることも増えてきていますよね。
もしもマタニティヌードに憧れているのであれば、一般人だからといって恥ずかしがらずに挑戦してみましょう。
きっと素敵な写真に仕上がること間違いなしです。

フォトスタジオによっては衣装を何点か用意してくれているので、その中から気に入ったものがあれば衣装をレンタルしましょう。
もしイメージ通りの衣装がなければ、持ち込むことも可能です。

より素敵なマタニティフォトを撮るためには、お腹がより目立つような衣装を選ぶことがポイントです。
ビキニにロングスカートなど、思い切ってお腹を出してみるとよいですね。
そのためにも、お腹が大きく目立つ時期に撮影するのがよいでしょう。

まとめ

素敵なマタニティフォトを撮るには、お腹が大きく目立ち予定日まで余裕がある時期に撮影するのがポイントです。
赤ちゃんが生まれてからできあがった写真を見返すと、妊婦だった頃の幸せな気分に浸れること間違いなしです。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-撮影のコツ
-, , , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.