妊娠中のリスク

切迫流産の原因と症状、仕事、予防法、薬まとめ

更新日:

自分自身、一人目を無事出産し、現在二人目を妊娠中です。この状況をなんとなく毎日過ごしていますが、これはとても幸せなことだとつくづく思います。

流産は自分にも起こりえたことだし、実際に周りには流産を経験して辛い思いをした人がいます。

どんな無理をしない生活をしても、病気にならないように気を付けても、残念ながら流産の可能性は誰にでもあり防ぐことができません。
しかし、切迫流産の状態でしたら100%ではありませんが赤ちゃんを守ることもできます。

悲しい結果とならないためにも、切迫流産の原因や症状、予防法などを知っておきましょう。

切迫流産とは?

切迫流産とは流産の一歩手前の状態ですが、流産の起こりうる妊娠22週未満に子宮出血があるだけでも切迫流産と呼ぶので、実際は流産になる可能性が高くない場合もあります。

妊娠12週以前では、赤ちゃんの心拍が確認される前でも後でも出血があった場合や、流産が疑われる場合でも、切迫流産といわれます。
重要なのは出血の有無ではなくて、赤ちゃんが順調に発達していけるかどうかです。
(実際には妊娠9週目までの赤ちゃんは胎芽、それ以降は胎児と呼ばれます。)

切迫流産の原因と症状

妊娠初期の流産の原因は胎児の染色体異常がほとんどで、言い変えれば、残念ながら受精した時点で赤ちゃんには生きていく力がなかったということになります。

流産してしまったママが自分を責めてしまうということもありますが、無理をしたからとか病気をしたからとか、そのようなママ側の責任はないのです。

切迫流産の場合は様々な原因があるとされています。

子宮頸管無力症、子宮筋腫や子宮内炎症などの子宮の異常や病気、その他には絨毛幕羊膜炎、絨網膜下血腫。
多胎妊娠も切迫流産の原因にあげられますが、実際の流産につながる胎児の染色体異常も考えられています。

切迫流産の代表的な症状は出血と下腹部痛です。

妊娠初期の不正出血は少なくありません。この時期は母子ともにまだ不安定ということもありますが、排便時にいきんだだけで出血なんてこともあるようです。

妊婦さんは粘膜が弱くなりますので、それが原因ということもあるでしょう。
実際私が妊娠中期にやっと入ったとこですが、最近やたらと鼻血が出ます。鼻の粘膜が弱っているようです。

しかし、よくあることだからと見過ごしは禁物です。それは何かトラブルが起きているサインかもしれません。
例え出血が少量でも、すぐ止まったとしても、必ず病院へ行って診察してもらいましょう。

下腹部痛も出血と同様、経験する妊婦さんは多いことでしょう。
痛みの強さや感じ方は様々かもしれませんが、子宮収縮による痛みが原因です。
お腹が張るという表現をし、実際に触るとわかりますが、張っているときはお腹が硬くなっているような感じがします。

筆者の妊娠中の痛みの場合

私は一人目出産の際にこの症状が強く、立ち上がれなくなるほど痛くなるということが何度かあったので病院で診察を受けました。
原因はわからず、切迫流産とも診断はされませんでしたが、張り止め(子宮収縮抑制薬)を処方され絶対安静を支持されました。

二人目を妊娠中の現在も張ることが多いのですが、妊婦健診の際には必ずそのことを伝え見過ごさないように気をつけています。

下腹部痛も出血と同じように、大丈夫だからと自分勝手に判断せずお医者様に症状を伝えましょう。
出血は実際に見てわかるものですが、下腹部痛は感じ方が妊婦さんによって違うので、例え弱い痛みでも母体や赤ちゃんに危険が及ぶ可能性があります。

切迫流産と診断されたら?

私自身も経験しましたが、切迫流産と診断されたら絶対安静が鉄則です。トイレ、食事以外は横になっていなければなりません。
切迫流産は必ず流産につながるというわけではありません。病院でしっかり診察を受け指示通りにすれば、問題なく出産できることも多いのです。

今は仕事をしている妊婦さんも多くいらっしゃいます。切迫流産と診断されても、なんとか仕事を続けられないかと考えられることでしょう。

しかし、絶対安静でなければ流産の可能性は当然高くなります。
切迫流産は流産の一歩手前、言い換えればせっかく宿った命を失いかけているのです。
症状が軽度または改善すれば、お医者様の許可を得て仕事は続けることもできますので、絶対安静の支持を受けたら迷わず休職しましょう。

切迫流産と診断されると張り止めを処方されます。16週以前にはズファジラン、16週以降にはウテメリンを処方されることが多く、両方とも子宮の収縮を抑える効果があります。

動悸や吐き気等の副作用があり、薬を飲むことに抵抗がある妊婦さんには不安があると思いますが、お医者様や薬剤師さんの指示通りにきちんと服用すれば大丈夫です。
その薬が原因で赤ちゃんに悪影響が出るということはありません。安心して薬を処方してもらい、赤ちゃんをママのお腹にとどめてあげましょう。

切迫流産と診断されても落ち着いて

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-妊娠中のリスク
-, , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.