マタニティフォト体験談

妊娠9ヶ月にボディペイントでマタニティペイントした体験談

更新日:

私は、マタニティフォトをしましたが、お友達に依頼して行ったので、スタジオでの撮影ではありませんでしたが、イラストレーターのお友達と、カメラマンのお友達に頼んだので、撮影は本格的に行いました。

まずは、マタニティペイントをしてもらいました。
お腹に、ボディペイント用のペンで、前もって話をし、テーマとデザインを決めて、当日描いてもらいました。

私は、妊娠して結婚しました。順序は違うのですが、望んで妊娠をし、子供を授かることができました。

私と主人は、タツノオトシゴのアンクレットを入籍する時につけていて、そのタツノオトシゴの意味が、「結婚」.「子宝」と言う意味があり、2人の中でのシンボルでもあります。

なので、マタニティペイントをする際に、タツノオトシゴのイラストも描いてもらいました。

お腹を出しっぱなしになるので、寒い日には身体が冷えてしまいますので、お部屋の設定温度などで冷やさず調節するのをお勧めします。

私の絵は、とても細かい絵を描いて頂いたので、2時間ほどかかりました。デザインや、描く人によって、変わってくると思います。

姿勢なども、辛くない体制で描いて頂くのがいいと思います、何よりも妊婦さん優先するべきです。

私が撮影した時の服装は、上は薄紫のチューブトップでお腹を出す形短いものを着て、下は白のロングスカートを着用しました。

髪型とメイクもブライダルの仕事をしている子に頼み、とても綺麗にしてもらいました。

撮影なのですが、当日あいにくの雨になり、当初予定していた海辺へ行けず、自宅を布や、小道具を使っていろいろ飾り付けをし、撮影しました。

主人も一緒に撮影したかったのですが、仕事だったので私とお腹の赤ちゃんとの撮影になりました。

妊娠9ヶ月での撮影だったので、あまり無理せず、座ったりなどしつつ、撮影してもらい、とても良いマタニティフォトを撮ることができました。

撮影してる際、頭の中で、お腹の赤ちゃんと主人との3人の暮らしについて想像していると、笑みがこぼれ、素の笑顔で撮影できました。

こうして、1人生まれ、次回の妊娠のことまで想像し、次は家族でマタニティフォトを撮ることが出来たら、などの事も考えたりしています。

マタニティフォトを撮影して何より良かったのは、子がお腹にいる期間は十月十日です。その期間の最終イベントのような気がして、楽しかったのと、出産への意気込みを作ることができました。

そして、子供が成長してから見せたいと言う気持ち、一緒にこれから頑張ろうと言う気持ちになれました。

お金をかけずとも、工夫をすれば、撮影はできるので、妊娠した時には、沢山のママさんにマタニティフォトをして頂きたいなと思います。

とても良い思い出になるので、是非少しでも参考になればと思います。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティフォト体験談
-

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.