マタニティフォト体験談

2人目妊娠9ヶ月に1人目の子供と妊婦撮影した体験談

更新日:

一生に数回あるかないかのマタニティ姿。

第一子を妊娠しているときにもマタニティフォトを撮りたいという気持ちがありましたが、主人が写真をあまり好きではありませんでしたし、1人でマタニティフォトを撮りに行くのも寂しい感じがしましたので、第一子のときにはマタニティフォトの撮影を諦めてしまいました。

ですが、第二子を妊娠しているときにもう3回目の妊娠はあるかわからないと思ったので、最後になるかもしれないマタニティ姿(我が子が自分の身体の中で育っているという神秘的な姿)を写真に残しておきたいという気持ちが強くなりました。

主人は相変わらず写真が好きではなかったのですが、第一子の娘が丁度ドレスも大好き、写真撮影も大好きという時期でしたので、平日に娘と二人で撮りに行くことにしました。

どうせ撮るならお腹が大きくなってきた妊娠後期が良いと思っていたので、9ヶ月に入ってから撮れるように予約しました。
また、決められた日だけですが撮影料が無料というキャンペーンがやっていたので、その日に予約をさせてもらい普通に撮るよりも少し安く撮ることが出来ました。

大きくなってきたお腹で、さらに娘を一人連れていくことに少し不安もありましたが、スタジオアリスのスタッフさんが親身に体調を気遣って下さいました。

また、人見知りの娘が少しでも安心して楽しく撮影できるようにと、人形やおもちゃを使って楽しく進めて下さったり、しゃがんで娘と目線を合わせて会話をしてくれたりしたお陰で、娘も終始楽しそうに着替えたり撮影に臨むことが出来ました。

せっかく娘を連れて写真撮影に来たので、私と娘が一緒の写真はもちろん、娘のみの写真も撮ることにしました。

その分撮影時間が長くなってしまい私の疲れも少し出てしまったとき、スタッフさんが「大丈夫ですか」と声をかけて下さり、娘が飽きない程度に休憩を取りながら写真撮影をすることが出来ました。

些細な言葉掛けですが、親身に考えて下さっている感じがしてとても嬉しかったですし、主人がいなかったので娘の相手を皆さんでして下さりとても助かりました。

体調を見ながら楽しく撮影して下さったお陰で、写真も素敵なものが何枚も撮れ、予想以上に写真を買ってしまいました。
でももうあるかないかわからないマタニティフォト、出来上がった写真を見てもやっぱり撮れてよかったと思いました。
もしマタニティフォトを撮りたいと考えている妊婦の方がいらっしゃったら、是非と紹介したいと思える店舗でした。

安定期から妊娠線予防を開始しよう!

油断しないで!妊娠線を絶対予防するには?

近年、「まだできてないから大丈夫!」と油断して妊娠線ができてしまう妊婦が続出しています。

妊娠線予防には、保湿効果の高い専用クリームを毎日塗ることが大切です。
専用クリーム以外を使うと、あとで後悔しますので絶対オススメしません!(失敗例多数)

以下に選び方をあげましたので参考にしてください。



20種類以上の妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較した結果、オススメをご紹介します!

早めにしっかりケアを始めて、キレイなお肌を保ってくださいね^^

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームには、保湿効果が高いシラノール誘導体"が配合され、妊娠線予防効果が最も高いクリームです。

敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されています。

絶対妊娠線を作りたくない人は、これを選べば間違いありません!

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

 【妊娠線クリーム】NOCOR
NOCORクリームは、唯一、すでにできた妊娠線を消す効果があります。

妊娠線ができてしまった方にオススメです。

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム

高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も安いのが特徴です。

保湿効果はベルタほどではありませんが、伸びやすくべたつきません。天然ネロリの香り。敏感肌の方もOK。

良いクリームも欲しい、だけどコスパも重視したい!という方はこれがオススメです!

-マタニティフォト体験談
-, , ,

Copyright© マタニティフォトねっと , 2018 All Rights Reserved.